復縁マスター.com

復縁したい女の子のための情報サイト

復縁したい彼のTwitter鍵アカウントを見る方法

【広告】

こんにちは!復縁マスターのピョンコです。

彼と別れてからTwitterをブロックされてしまった。
彼はTwitterに鍵をかけているので内容を読む事ができない…。

そんな時の対処法をお伝えするピョン。

Twitterの鍵アカウントの内容を見る裏技

f:id:chu3u:20161006163352p:plain

今すぐ鍵アカウントを見る方法はない

タイトルでネタバレしてしまいましたが、彼の鍵アカウントを今すぐ彼にバレずに見る方法は現時点ではありません。

ネット上では、鍵アカウントをリストに追加する事でツイートを読めるようになる、といった噂もありますが、これは誤情報だピョン。


しかし、時間をかければ彼の鍵アカウントを見る事は可能です。

 

まずは、今すぐ彼のツイート内容を予想する方法だピョン。

 

リプライで会話を予測する

Twitterの検索欄は活用していますか?


Twitterの検索欄に「@彼のアカウント名」を入れて検索してみましょう。

すると、彼にリプライを飛ばしているツイートが検索結果に出てくるピョン。


これである程度、会話の内容を予測する事ができます。

 

Twitterで別人になりきる

リプライから呟き内容を予想するだけじゃ物足りない!そんな時はアカウントを新しく作るピョン。

 
しかし、作ってすぐに彼にフォロー申請を出すのは絶対にいけません。まずは新しく作ったTwitterアカウントのキャラクター作りから行います。これが時間のかかる理由です。


「彼の興味のある内容を呟く有益情報bot」「全くの別人」か、自分に合ったTwitterアカウントのキャラクターを選ぶピョン。

 

彼の興味のある内容を呟く有益情報botの場合

これはその名の通り、彼の興味のある事をひたすら呟くアカウントを作り上げるのです。

例えば彼が音楽好きなら、彼の好きな音楽のジャンルに会わせてTwitterのアカウントを作り上げます。バンド音楽が好きなら、バンド音楽情報アカウントを作るピョン。

そして、彼の好きなバンドの情報を呟いたり、バンドの豆知識などを呟きます。


この時に注意したいのが、彼の事だけを考えてしまう事です。「バンド音楽好きが興味を持ってフォローしてくれるかどうか?」を、きちんと考えましょう。彼の好みの事ばかりを呟いていたら、勘のいい彼なら「もしかしてアイツ?」なんて気づいてしまいます。


彼をフォローするタイミングも重要です。1日2日で一気に内容を呟いてすぐにフォローしたら「なんだこれ?」と、怪しまれます。彼がツイート内容を遡れなくなるほど大量の情報を、最低でも14日間は呟き続けるピョン。最初はアカウント作りに専念するのです。

そして、その14日の間に、フォロワーを増やしておきましょう。フォロワーが少ない情報botは怪しさ満点です。自然な情報アカウントを作り上げるのです。
もちろん、自分が普段使っているアカウントで新しい情報アカウントをフォローする事もやってはいけません。もしかしたら彼がフォロワー一覧からあなたのアカウントを見つけてしまうかもしれません。念には念を、細かいところまで気をつける事は大事です。

 

全くの別人になりきる場合

全くの別人になりきった場合は、全く知らないネット上の人たちと交流をするピョン。間違っても自分のリア友や自分の普段使っているアカウントと繋がってはいけません。

また、投稿時間にも気をつけましょう。あなたが普段使っているSNSの投稿時間とかぶらないようにしましょう。例えばリア垢や普段使っているアカウントで9時に呟いたら、全くの別人アカウントは9時代に呟いてはいけません。1時間以上、時間を空けて呟くピョン。これは「もしかして、あいつの複数アカウント?」と疑われないようにするための対策です。

こちらのアカウントも、開設してすぐに彼にフォロー申請をしてはいけません。きちんと新しいTwitterコミュニティを作り上げ、フォロー数とフォロワー数も増やし、呟き数も遡れないほど多くなってから、彼にはフォロー申請をするピョン。


また、人が打つ文章にはどうしても特徴が出てしまいます。普段は絵文字を沢山使う人は新しいTwitterでは絵文字を使わないように、絵文字を使わない人はTwitterでは絵文字を使うように、自分の特徴が出ないようにも気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?鍵アカウントを覗くのは、人としてやってはいけない事だピョン。それ故、内容を見るためには労力が必要です。


復縁成功には自分磨きが何よりも最適です。彼の動向が気になるのもわかりますが、アカウント作りに精を出す時間があるのなら自分磨きにも時間を使ってみてはいかがでしょうか?

 

www.fukuenmaster.com

 

【広告】